image_50394113.JPG

2つの確固たるテクノロジー

1.RIFLE SCOPE TECHNOLOGY

(ライフルスコープ・テクノロジー)

2.FACE BALANCED AT IMPACT

(フェースバランス・アット・インパクト)

2つのテクノロジーについては下記にてご説明いたします。参考にされてください。

RIFLE SCOPE TECHNOLOGY​

(ライフルスコープ・テクノロジー)

"​ ミスパットは、打つ前に決まっている。"

Q1.

皆さんは、パッティングの際に、下記のご自身のベストポジションを把握されていますか?

​A. 

  1. 『フェースの向き』

  2. 『ボールの位置』

  3. 『頭の位置』

  4. 『目線』

  5. 『肩のライン』

​把握されている方でも、何の指標や基準もなく、そのポジションを毎回再現することはとても難しいことなのです。多くのプロゴルファーも、その高い再現性を求めて日々試行錯誤しています。

​合言葉は『Hide The Red Dot !!』

ライフルスコープ・テクノロジーとは、1998年後半に「Jim Weeks」とその兄弟によって発案されたその構造で、プレーヤーが、パターヘッドに記された『Red Dot』と呼ばれる赤いドットを、シャフトで隠す様にセットアップし、左右に配された2本のホワイトラインが均等に見える様にすることで、常に安定したセットアップポジションをキープすることを可能にしました。

p1010s_1_fgp-hero2a.jpg

POINT

  1. フェースアングルをスクエアに保てる

  2. 手とボールポジションが常に一定に保てる

  3. ​肩のライン、頭のポジションや目線が常に一定に保てる

シーモアパターが提供するののは、常に安定したセットアップポジションの実現です。

FACE BALANCED AT IMPACT

​(フェースバランス・アット・インパクト)

"​ 魔法のバランスを持つパター"

Q1.

シャフトは地面に対して垂直ではなく、一般的には70度前後のライ角があります。その状態でのナチュラルストロークはどのような軌道だと思いますか?

​A. 

角度表示.png
​Target Line
​Natural Arc Stroke
​Target Line
​EYELINE
​EYELINE

​ライ角があることで、物理的に緩やかなインスクエアインの軌道になります。
そして、そのナチュラルな軌道を描きやすくするため、シーモアパターは、ボールの位置は中央、目の位置をボール1個分内側にセットアップすることを推奨しています。

フェースバランス・アット・インパクトとは

シーモアの主にブレードタイプパターに搭載されたテクノロジーで、実際のストローク中(インパクト時)にフェースバランスが取れることで、抜群に安定したナシュラルストロークを可能にする。

POINT

FACE BALANCE​

これまでの
インパクト時フェースバランス
これが抜群の
安定感を実現!

FACE

BALANCED​

AT

​IMPACT

これからの

水平状態でバランスが取れているこれまでのフェースバランスの解釈。もちろん安定感はあるものの、実際のインパクト時のライ角では、自然とヘッドが開こうとする力が働く。

シーモアパターが提供するののは、実際のストローク中の状態(ライ角)でのフェースバランスです。​​